上品芸術演劇団


伊丹アイホール演劇ファクトリー最後の卒業生である、9期生の上杉晴香、押谷裕子、清良砂霧、脇野裕美子と、チーフディレクターである鈴江俊郎(office白ヒ沼主宰)のユニット。


**********

過去の公演


精華演劇祭vol.12 DIVE Selection vol.3

「あたしと名乗るこの私」
作・演出 鈴江俊郎


32階。ホテルの最上階、高級レストラン。コースを食べるのはちょっと勇気がいる。そんなとっておきの場所で、いろんな人がごはんを食べる。月に一度の自分にご褒美。一世一代のデート。長年のあの人に別れを告げ……。
雲が下に見える。
ビルがおもちゃみたいだ。
車は音もたてないでゆっくりでかわいい。
あたしもかわいいのかな。
あたしもあんなふうにちっちゃくて音もたてないでそこにいて、
それでも、これは私だ。
あたし以上でもあたし以下でもない、これは私の話だ。そしてきっとあなたの話だ。

出演
押谷裕子
鈴江俊郎
清良砂霧
脇野裕美子

梶川貴弘
阪本麻紀(烏丸ストロークロック)
清水陽子
大藤寛子
高橋志保
原聡子
山本正典(コトリ会議)

2009年2月21日 15:00/19:30★
22日 13:00/17:00

受付開始は開演の40分前・開場は開演の30分前
※未就学児の入場はご遠慮ください。

★・・・上演後アフタートークを行います。
ゲストに川村信治氏をお迎えします!!


***
川村信治(かわむらしんじ)
――福井県の高校演劇部顧問として優秀な作品をつくり、
カウンセラーとして活動し、詩作し、地元市民劇団の代表でもある「演劇活動家」――
1952年生まれ。神戸大学理学部大学院修了。
現在、福井県立勝山南高等学校教諭(理科・相談係)。
同校演劇部顧問。全国高校演劇協議会事務局員(生徒講評委員会担当)。
上級教育カウンセラー。福井県教育カウンセラー協会事務局員。
ミュージカル劇団「ドラゴン・ファミリー」代表。劇作、演出、制作など。
詩人。「季節季節の朝が静かに開かれ」など詩集6冊。
論考「多様体としての精神」

【会場】精華小劇場
<住所>〒542-0076 大阪市中央区難波3-2-4 <TEL> 06-6643-7692 (11:00〜18:00)
<E-mail> info@seikatheatre.net <URL> http://www.seikatheatre.net

【料金】前売 1,800円/当日 2,000円

【問合せ】<E-mail> jouhing@mail.goo.ne.jp
<URL> http://www.milmil.cc/user/jouhin

[主催]精華小劇場活用実行委員会/精華演劇祭実行委員会/大阪市 
[共催]NPO法人 大阪現代舞台芸術協会

◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇

「さなぎ」

作・演出 押谷裕子


ある病院の救急外来。評判は良くないが、患者は来る。

仕事で昼間通院できない麻薬中毒患者の彼に、入院費用を踏み倒したまま子供を産み続ける夫婦、

服毒自殺を繰り返す彼女。

そんな救急外来で働く看護師と当直医。病んでいるのは患者だけでなく。

医療現場のマンパワー不足は深刻で、掲示板に張り出される投書に怯え、

朝のミーティングでは笑顔の練習が日課になっている。

夜勤が始まる。何事も起きませんように…。彼らの願いはただそれだけだ。



私は見ている。さなぎがチョウになるのを。

さなぎはじっと動かず、空を見つめる。



私は待っている。さなぎがチョウになるのを。





さなぎは知っている。チョウになれないことを。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出演
鈴江俊郎
清良砂霧
脇野裕美子

菱川裕子(ひとつや)
山本正典

スタッフ
舞台監督  鈴江俊郎
照明     上杉晴香
音響プラン 清良砂霧
音響操作  田中彼方(シマウマノート
舞台美術  脇野裕美子
宣伝美術  脇野裕美子
制作     上品芸術演劇団

日時:2008年3月29日(土)14:00(追加公演)/19:00    
         3月30日(日)14:00 ※
各ステージ限定50席

料金:前売り・当日/1,000円
場所:東山青少年活動センター創造活動室   
http://www.jade.dti.ne.jp/~fromeast/

共催:(財)京都市ユースサービス協会


◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇


「約束だけ」

作・演出 鈴江俊郎



ヨーロッパのある国に出稼ぎに来た日本人の男女が途方にくれています。不法滞在がばれそうなのです。
時代は近未来。少子高齢化が進み、格差社会はその度を増し、ついに国力の衰えた日本は経済難民を海外に輸出するようになってしまったのです。憲法が変わってからいくつかの戦争を経て、国内では人権も蹂躙されます。去るも地獄、残るも地獄の異国の地。差別を受けながら過ごす異国の空から故郷を思う男女。彼らはそれでも生きています。
泣き、笑い、愛しあい、……国ってなんだ?国を愛するってなんだ?
守れるのだろうか。僕らは。
アノトキ、アノコト、ムスンダ、アノヤクソクヲ。


出演
上杉晴香
押谷裕子
鈴江俊郎
清良砂霧

スタッフ
舞台監督/鈴江俊郎・脇野裕美子
照明プラン/鈴江俊郎
照明操作/廣瀬良二
音響プラン/原聡子
音響操作/田中彼方
舞台美術/上品芸術演劇団
宣伝美術/脇野裕美子
制作/上品芸術演劇団・水上宏樹(オセロット企画)

日時
2007年9月8日(土)15:00/19:30 
      9日(日)13:00/16:00

ウイングフィールドにて!


◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇


上品芸術演劇団ワークショップシリーズ07
正解の無い演劇の旅へ出よう
――演劇はイロイロやるからおもしろい―― 
 
************************

私たち上品芸術演劇団は活動の範囲を広げ、
自分たちの思考を深めるためにも、
メンバー一人ひとりが案内役をつとめるワークショップシリーズを行います。
演技について、チラシやパンフレットのデザインについて、脚本について、制作についてなどなど、
演劇を上演するまでの道のりをいっしょに考え、悩み、体験する場所を作りたいのです。
専門的に頑張ろうとしている皆さん、まだ未体験の皆さん、
どうぞいっしょに探しましょう。
それぞれの第一歩を。

************************

6回通しで参加されればお芝居を一本作る作業をひととおり体験できる
仕組みになっています。

◆第1回 6月24日(日)18時ー21時
「演技のこと、演出のこと。」お客さんを楽しませる実際の技術を考えよう
◇案内役 鈴江俊郎(俳優、脚本、演出、照明、舞台美術)
○会場 京都府立文化芸術会館 2階洋室B
Tel/075-222-1046
京都市上京区河原町広小路下ル
京阪出町柳駅より南西へ徒歩10分
市バス「府立医大病院前」下車すぐ

◆第2回 7月21日(土)14時−17時
「チラシ、パンフレットのこと。」心躍るパンフレットを作ってみよう 
◇案内役 脇野裕美子(宣伝美術、舞台美術、舞台監督)
○上品芸術演劇団事務所にて(京阪出町柳駅から歩7分)

◆第3回 7月28日(土)17時30分−20時30分
「制作のこと、公演を成功させるために大切なこと。」
公演の企画をたててみよう。制作に必要な情報とバランス感覚を体得するために 
◇案内役 上杉晴香(俳優、制作、大道具、宣伝美術)
○会場 梅田東学習ルーム B会議室  
大阪市北区茶屋町1-40(旧大阪市立梅田東小学校)
Tel/06-6359-5832   
阪急梅田駅下車 徒歩約3分

◆第4回 8月4日(土)13時−21時、5日(日)10時−18時
「舞台美術のこと、照明のこと。」
実際に舞台と照明を仕込んでみよう 
◇案内役 鈴江俊郎(俳優、脚本、演出、照明、舞台美術) 
○会場 人間座スタジオ 
京都市左京区下鴨高木町11人間座 
Tel/075-721-4763
(京都市地下鉄 松ヶ崎駅より徒歩10分・市バス「下鴨東本町」徒歩3分)
◆実費が別途3,000円必要です。
※この回は20名様限定となっております。お早めにご予約お願い致します。

◆第5回 8月12日(日)14時−17時
「戯曲のこと。」
戯曲と友達になろう!かくされた情報を探し出せ 
◇案内役 清良砂霧(俳優、制作、脚本)
○会場 奈良県文化会館 多目的室
Tel/0742-23-8921
近鉄奈良駅 徒歩10分 

◆第6回 8月19日(日)13時−17時
「音響のこと、音が醸し出す世界のこと。」
音が作り出す雰囲気を感じて、自分だけの音響プランを考えてみよう。
◇案内役 押谷裕子(俳優、制作、脚本、大道具)
○会場 京都府立文化芸術会館 2階洋室B
Tel/075-222-1046
京都市上京区河原町広小路下ル
京阪出町柳駅より南西へ徒歩10分
市バス「府立医大病院前」下車すぐ


◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇


「まじめにともだちをかんがえる会の短い歴史」
作・演出 鈴江俊郎

出演
上杉晴香
鈴江俊郎

押谷裕子
原聡子
永田香苗

スタッフ
照明プラン  鈴江俊郎
照明オペ   宇於崎智子(劇団rim)
音響     宇於崎智子(劇団rim)
舞台美術   脇野裕美子
宣伝美術   脇野裕美子
制作     清良砂霧


日時/20061028日(土)15:00/19:30    20061029日(日)13:00/16:00

場所/ウイングフィールド

料金/前売り 1,500円
   当日  1,800円


◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇


上品芸術演劇団 試演会

『腹相撲』

作   浦本和典(劇団rim)

演出  鈴江俊郎

出演  上杉晴香 清良砂霧

ソプラノリコーダー演奏 
宇於崎智子(劇団rim)
鈴江俊郎  (劇団八時半/上品芸術演劇団)
中村美保  (劇団rim)
長沼久美子 (劇団八時半)


スタッフ  
照明プラン    鈴江俊郎
照明・音響オペ  浦本和典(劇団rim)
宣伝美術     脇野裕美子
制作       上品芸術演劇団

協力  丹滋さつき 水上宏樹 押谷裕子 東山青少年活動センター

2006年7月15日(土)15:00
会場 京都市東山青少年活動センター 創造活動室(2階)    


[無料ホームページ] [無料ブログ] [無料レンタル掲示板] [無料レンタルレビュー] [無料ノベル] [無料レンタルギャラリー] [無料プロフ] [無料レンタルリンク集] [無料メールフォーム] [無料カウンター] [無料アクセス解析]