• 主に例会の活動内容をお伝えします。・写真をクリックすると少し大きくなります。
▼2017/6/14(水):★6月例会11日、にぎやかでお祭り気分
画像は里山で実ったアンズ。6月例会は朝から大騒ぎ。自称「里山の会関西支部長」のニコニコさんことHRさんご夫妻、その友人のKBYさんご夫妻がはるばる里山に来て、会員のために関西風と広島風のお好み焼きを調理・提供してくれるとかで、野外調理用の大型の鉄板・ガスボンベなどを3セット、炭火焼用1セットなどを里山まで運びました。それをセットする場所は梅の木の下ですが、そこは集合時刻前から下草を刈っておきました。

朝の会で4人の紹介があり、大きな期待をこめた拍手で緊張されたそうです。本日お試し参加の方はラッキーでした。事前にネットで流れていましたから久しぶりの参加者もおり、全部で39名+お子様3人+犬1匹で大盛況でした。

作業はアンズの植栽斜面、道路際の法面(ノリメン)の草刈りと、保護植物の周囲を手刈りでの草刈り。これを坪狩りというそうです。アジサイに着いた害虫の駆除、キャンプサイトの炉床用の石運びと設営などです。草刈り機などの負傷は保障されないので注意を怠らぬようにとの話もありました。保障保険については現在、検討を進めているところです。

朝の会が終わるとHRさんたち4名と補助者3名がセンターに戻り調理準備です。絶対に食中毒者は出さないぞという徹底した衛生管理下の作業でした。

里山の作業はいつもの通りですが、ゲンノショウコ、ヤブカンゾウ、トリカブト、ホタルブクロなどが守られました。ブラックベリーがどうなったか気になる人はその手入れしていました。栗の木の穂の仕組みはどうなっているのか、オシベメシベの即席観察会がありました。

都会地で鳴く虫はコオロギか中国から帰化した騒々しい樹上のアオマツムシです。里山では在来のキリギリスの幼虫が姿を見せました。きっと夜の里山は昔ながらの虫の音が楽しめるのかもしれません。そのためのキャンプサイトの整備です。ぜひ積極的にご利用ください。

アジサイはビオトープ周辺は鮮やかですがアジサイロードは日陰なのでまだまだの雰囲気です。害虫の食害もあり、見事な道になるのは来月あたりでしょうか。駆除と剪定が行われました。
ビワやアンズをかじっている会員もいました。酸っぱいけれどまぁまぁのできだそうで、自分のアンズの樹に初めて実がなったと喜んでいる人もいました。来月はヤマモモの季節です。採集は早いもの勝ちです。
ビオトープではハンゲショウが少し色づいて白くなった部分があります。これも来月の楽しみです。
岬病院側の通路沿いはは久しぶりの草刈りでさっぱりしました。きれいに刈りこむことがストレス解消に役立つのも実感します。達成感がありますから。

昼食は特別ゲストの4人の奮闘で本場のお好み焼きを堪能できました。簡単にいうと広島焼きは具材に焼きそばと玉子が入りキャベツは千切り。関西風の場合、キャベツは千切りよりもやや雑切りに近い。この差が現地では重要らしい。シーフードが入るのも関西風の特徴です。メインシェフのHRさんは牡蠣の季節ならばカキオコ、(牡蠣のお好み焼き)をサーブするのにと残念がっておりました。
この日のために何度も有名店に通い、何度も自宅で試作し、もういいよと思うくらい試食したそうです。その成果が出て、関西風も広島風も関東では食べたことがないくらい、ふっくらしておいしい出来でした。4皿食べた会員もおりました。
関西風で50枚、広島風は何枚出したかわからないとのことでした。小食の会員はお土産パッケージで持ち帰り、喜んでいました。

HRさんたちが持ち込んだ食材は他にタコシューマイ、淡路の玉ネギ、無農薬レモン、塩味饅頭、関西駄菓子あれこれ、味海苔、イカナゴのくぎ煮、ちりめん、漬物。神戸づくりビールにノンアルビール。会員からの差し入れは漬物、紫蘇ジュース。会で用意したのは塩おにぎり。本日の会費も一人300円。

午後の作業はなし。お好み焼きのあれこれ諸道具をセンターに運び戻して後始末。きれいに洗うなどして持ち主に返せるようにします。その間、奮闘してくれた4人+αで里山を少しご案内しました。すごくいい場所ですねとお褒めの言葉を頂きました。多くの会員の協力で美味しいお好み焼きを堪能し、楽しい時間を過ごすことができました。

ハプニングもありました。@お昼を知らせるカランカランの鐘を鳴らしていたら、舌が落ちてしまい行方不明に。でも、大丈夫。HSGさんが予備のおもりを持ってきて取りつけてくれました。こういうところがさすが里山の底力だなあと思います。
A最後に里山を引き上げる時、取り外しておいたイノシシよけの電気柵を戻します。ところが、この日はそのロープがグルグルにからまっていて、どうしても元通りになりません。会長が後で何とか直してくれました。電気柵のロープをはずす時は、3本を平行に置くようにお願いします。


Posted 20:57
▼2017/5/16(火):★5月例会14日。曇り。
画像はビオトープの東京山椒魚の幼体。沖縄は梅雨入り宣言。いすみ市は曇り、朝は霧雨。曇天なので熱中症の心配はありません。今日の参加者はお試し参加を含めて32人。遠く山武市や大田区から参加する人もいます。だからみんなで楽しく会話を交わし、有意義な時間を過ごしたいものです。

本日の作業は@野生の貴重生物の確認と保護、A下草刈り B尾根筋の風倒木処理がメインです。
それぞれ好みの作業に分かれて汗を流しました。もっとも貴重生物グループはどこに何があるか知るのが主だったので、草刈り作業グループを横目に見て多少気が引けました。しかし、草刈りグループも「刈っちゃったの〜」と後で文句を言われるのは嫌ですから、保護すべきものはちゃんと目印をつける作業には寛大でした。

OKMさんがトウキョウサンショウウオの卵塊(卵嚢)を里山でゲットし、自宅で育てたらオタマになり手が出て足が出たと持参しました。まだエラが残りウーパールーパー状態でカワイイものです。釣具屋さんで生きたイトミミズを購入して育てたそうで、帰る時にビオトープに放しました。

今回、里山を一巡して改めて里山の貴重生物(絶滅危惧種、準絶滅危惧種)の豊かさに驚きました。このトウキョウサンショウウオの他、ニホンアカガエル、シュレーゲルアオガエル。植物ではキンラン、ギンラン、エビネが咲き、この日初めて気づいたのがジャケツイバラ。千葉県でも屈指の豊かな自然環境です。これだけの種類がまとまって見られる桑田里山は、15年間の里山ボランティア活動の成果ともいえましょう。
食べられる野草はセリ、クレソン、野フキ、山ウド、フユイチゴ、ワラビ、ゼンマイ、ヤブレガサ、ヤブカンゾウ、キクラゲなど。木いちごは摘まんで楽しみました。ちょっと季節がずれましたがタラノメ。その時期になれば柿にビワ、山グルミ、桃、小梅。来月になればヤマモモ、アンズの実が楽しめます。

ビオトープにはカキツバタとアヤメが咲き、7月になればハンゲショウが咲きます。会員が自宅から里山に持ち込んだ野草や樹木もあります。一番多いのはアジサイ。各種アジサイで梅雨時の楽しみですが今年は虫害がひどい。何とかしなければ。準絶滅危惧種のニリンソウ、千葉県絶滅危惧種のフジバカマ。その他、シャガ、ザゼンソウ、ミズバショウ、葉ショウブ、カジイチゴ、ロウバイ、ヤマボウシなど数え切れません。生態系を錯乱させなければ問題ないでしょう。

草刈りグループは邪魔者がいないのでのびのびと活動し、いつもより草苅面積が広かったように思えます。先月は雨で活動中止だったので伸び放題だった雑草が払われてすごく綺麗になりました。
尾根筋グループは少人数で苦労したようです。風倒木をチェーンソーで切り倒してもツタが絡まりブランコ状態になって通行の妨げになります。なんとか通行可能な遊歩道に復活しましたが、来月も引き続き点検と伐採作業があるかもしれません。

さて待ちかねた昼食はミツコさんがメインシェフでサポにカオルちゃんとトモコさんの『シラス丼』。気心が知れたベテランぞろいなので楽しく調理したそうです。ご飯とシラスの間にキュウリと玉ねぎのマリネ。これは前日から準備。それにトン汁風のかす汁と沢庵の漬物。一汁一菜でいいやと思っていたら思わぬ差し入れが大量のハマグリ。これは急遽、酒蒸しとかす汁の具に。大量のオニオン、白菜漬け、蕗の煮物。おまけにクッキーのお菓子まで。超豪華な昼食になりました。毎回のことですが、思わぬ方から思わぬ差し入れに感謝します。ありがとうございます。

今年度から昼食費は300円固定としました。利潤があれば半年に1回ぐらい今日は無料という日が設定できたらと思います。県や市から補助金を受けていますから、食べる分は自腹でというのがわたしたちのせめてもの矜持(キョウジ)です。

昼食後、居合わせた運営委員を中心に、里山活動の保険について話し合いがありました。現保険はチェーンソーや刈払機の事故はカバーされていないとのことでビックリです。また毎回持参している救急箱の中身についても検討されました。いずれ話がまとまったら報告いたします。
 

Posted 11:36
▼2017/4/11(火):4月例会9日、雨の日の総会
ようやく桜が満開となり、絶好のお花見日和だと期待していました。ところが停滞前線が列島上に居座り『菜種梅雨』だとかでかなりの雨量です。
雨天ならば順延とせず、「総会+昼食で解散」と連絡してありました。野外活動のない里山例会にどれだけ参加するのか不安でしたが、なんと35名もの参加。毎月すごい人数ですね。

2002年以来、「無理せず・楽しく・できること」をモットーに活動してきました。今年で15周年になります。強制・指示命令とは無関係な自己実現の場、気分転換の場、自然と触れ合う場として会員に支持されてきたのだと思います。ゆるい団結が無報酬の団体としては大切な基本です。

総会は会長挨拶から始まり、議題は@過去2年間の昼食当番とメニュー A里山会員名簿 B里山会計報告と予算 C会則の改正(削除・挿入)D新年度役員選出でした。
上総掘り方式で井戸を掘りたい。山野草を草刈り部隊から保護するにはどうしたらよいか、貴重種を盗掘から防ぐ方法、ヘルメットは確かあったはずだ、緊急衛生・救命措置のやり方、キャンプサイトの焚火場の設定、アンズ以外の果樹を植えたい、里山の未来像など活発な議論がありました。
すぐに実現するかどうかではなく、実現したいという強い希望を持つ会員がプロジェクトチームを作り、それぞれの希望に配慮しながらできることを少しずつ実現していこうと確認しました。ささやかな夢も声をかけ手を結べば実現の可能性が高くなります。

総会終了後、昼食までは少し時間があきました。それで何人かは竹林に行きタケノコを掘りました。せっかく竹林を整備したのに今年のタケノコは地域的にどこも生育不全です。そのぶん直販所では高値で取引されています。里山竹林でもそこそこのタケノコが収穫できました。2000円の会員年会費である程度のタケノコがゲットできるのですから割安感があります。会員は無料ですが、会員が引き連れてくる友人知人からは一人数百円程度を竹林整備費に寄付していただけば幸いです。
ご近所の方が今年も頂くのでと先日、缶ビールをひと箱差し入れてくれました。現金である必要はないのです。気持ちが一番大切です。地域に貢献しているのだなぁと逆に知らされた思いです。

さて昼食はASNシェフの里山タケノコご飯とブタチャンコ汁。漬物が欲しいと掲示板に書いたから7品もの漬物等が差し入れされて豪華になりました。どちらかというと薄味で、上品な仕上がりで好評でした。ODKさんとAKGさんがサポート。後片付けも適当に自主的に参加して綺麗になりました。ここ数年何もしていないなぁと感じる人は、ぜひ今年はチャレンジしてみて下さい。
残念だったのはHP管理者のカメラが不調で1枚も画像が撮れなかったことです。せっかくの料理や総会の様子を画像で記録することができませんでした。お詫びいたします。埋め合わせに里山の自然風景をアップしておきます。桜が満開でした。

本日の参加者35名のうち女性が12名。安定的な女性の参加者が多いのはうれしいことです。今後とも女性の視点で里山活動が改善されることを望みます。員数外でお子様一人、ワンチャン1匹。これからも「無理せず・楽しく・できること」をモットーとし、だれでも気軽に参加できる団体でありたいものです。

その他、会員が関与する5月3日の「里山体験ツアー」と、5月24日の「自力整体ワークショップ」の紹介がありました。会員は多士済々です。隠れた才能、隠してきた才能、発揮したい才能…ぜひ里山にご提供ください。



Posted 13:12
▼2017/3/14(火):★3月例会晴れ12日


画像は里山の春蘭(シュンラン)。桑田里山自慢の野草です。ランの仲間で春先に突然現れてすぐに消えてしまうので“春の妖精” と呼ばれます。さて3月の例会は12日。啓蟄(ケイチツ)も過ぎ、小川の水ぬるみ、地中の蛇蛙も目を覚ますがごとく、会員諸氏も目覚めたのか、花粉症の季節にもかかわらず大勢の参加者があり驚きました。お試し参加の3人を含めて総勢37名。いすみ市のボランティア団体でも最大規模の参加者数でしょう。記念写真を撮りました。
本日の作業は主に三つ。第1グループは傘亭の完成を目指し、竹を集めて切り出し、運んで枝打ちし、長さをそろえてセットすること。頑張って作業しましたが、屋根をふくまでには至りませんでした。もう少し時間と手間が必要ですが準備は整いました。先月と同じような作業ですからみな手慣れたものです。夏までにはなんとかなるでしょう。
第2グループはキャンプサイトを切り開くこと。よくもまぁこんな場所があったなと思われる台上地のアオキなど雑木を除いてサイトとし、そこまでの階段を作りました。台地はやや傾斜がありますから、テントで寝ると転げそうです。来月はそこを水平にする作業がありそうです。ここならばイノシシの心配をせずにテントを張れそうです。ここは町の灯に近い場所ながら、まったくそれを感じさせない深山の趣のある場所です。
テントを所持している会員もおりますから、ワイルドな体験をしたい方はぜひご相談ください。
第3の作業グループは南高梅の植樹です。AMN氏が大量の南高梅を入手し、会員に優先頒布してきました。残りといっては何ですが、残りを里山に植樹します。このグループが一番難しかった。というのもメンバーが集まりません。指示された作業をするのは労を惜します作業しますが、どこに梅を植えるか50年の計をふまえて、ここあそこと決断して植樹するのは経験がないから躊躇します。けっきょく誰も手を出さず、江澤会長があそこここと指示して植樹しました。斜面に穴を掘っていると冬眠中のアカガエルが飛び出してきて驚きました。カエルも驚いたことでしょう。
15年前に植えたアンズはだいぶ大きくなりました。一昨年は桜を植えました。今年は梅を植えました。
何年か、何十年か後には花の里山になりそうです。その礎(イシズエ)を今のメンバーが作業しています。おおいに自己満足し、未来に期待を寄せることにしましょう。

桑田里山の会に集まる会員は指示・提案された作業とは別に各個人が必要だと思ったこと、やりたいと思ったことをする「自由」 があります。急斜面の雑木を切り出している会員もいます。それが必要だと思ったからでしょう。斜面がさっぱりとしました。プラプラと里山を歩き回っている会員がいても文句は言われません。作業に汗を流すのは快適ですが、見逃してしまう自然を探し出し教えてくれるのもその会員の特技です。
何年か前に移植したザゼンソウ(座禅草)が今年は見事に咲きました。ザゼンソウが尾瀬ヶ原以外でも咲くのだと初めて知りました。その前の小川にはトウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)の三日月形の卵嚢がありました。もう季節は確実に春ですね。近くの田んぼにはカエルの卵が膨らんでおり、あぜ道にはツクシが背をのばしていました。そして里山の山道には誰にも知られずシュンランが咲いていました。

待望の昼食は中華おこわ、中華スープ、菜の花の和え物、摘果メロンとカブ、キムチの漬物、甘藷の甘煮で超豪華。KRHさんの指揮の下、何度も試作を繰り返したそうです。ところが当日、思いがけない電気トラブルがあり、急きょTKHさんの圧力鍋の登場となりなんとか間に合いました。おこげがあってもそれはそれで好評でした。本当はフキノトウやシイタケの天ぷらもお出しする予定だったのにとKRHさんは残念がっていましたが、皆さんはお代わり自由の食べ放題で大満足でした。しかも今回の食費は毎回の食費残高が積もり積もっているので無料だとのことで大歓声が沸きました。なお、今回のもち米はUTIさんからの差し入れでした。
あまりにもぜいたくな昼食だと次回のシェフのなり手がありません。ASN氏が「文句言わねばやる」と引き受けました。4月例会はタケノコご飯です。地元会員が協力することを約してお願いすることになりました。里山の会らしい昼食になりそうです。
そうそう、HSGとーちゃんが手作りコンニャクを大量に持ち込み、持って行っていいよと大盤振る舞い。持ち帰るタッパーやビニ袋を毎回持参しようとは巷の話。

なお4月は年度初めに当たり、会の総会があります。年会費2000円の納入もありますからご用意ください。
Posted 17:27
▼2017/2/14(火):2月例会12日。気温7℃
画像は会員の手による山野草の生け花。花器は竹林の竹を利用。梅が咲き、椿が咲く活動日に花を添えました。
春は名のみの風が寒い活動日で、早出の地元会員がたき火をして会員の到着を待ちます。岬病院方面からフィールドに来る細道のコーナーが拡幅・補強されて曲がりやすくなり、びっくりしました。水道 ミズミチによる陥没穴埋め戻しと、このコーナー改修そしてビオトープ改修は市の補助金が出る事業で、その事務処理(会計処理)でお手数をかけることもありますが、ご協力をお願いします。
たき火ではビオトープ用の棒杭を火にかぶせて表面炭化処理を施していました。焼き丸太杭にすると水辺での防腐処理に効果的だという企画です。この日のビオトープ作業はここまで。


本日のメインの作業は傘亭の改修です。ビオトープは前回の改修から5年たち、傘亭は6年たちました。風雨にさらされて傷み、その都度手入れをしてきましたが、今回は大規模改修です。
まず最初に傘亭の竹をすべて屋根から地上におろして焼却処分。埃だらけでゴミが目に入ります。
別の班は某所の真竹と孟宗竹の切り出しにでかけました。さらに別の1班が切り出した竹をフィールドまで軽トラで運びます。必要な竹の総数は250本ですから、何度も何度も現場とフィールドを往復して運び込みました。
運び込まれた竹は枝葉をすべて取り除いて竹竿にします。各節目から枝が2本ずつ出ている、その付け根をノコでスーッときり、上から下へバキッと逆関節の雰囲気で押し払えばあっという間に枝が落ちるのだとは指導者ナベさんのお言葉。ノコを当てる位置を間違えるとギーコーと何度引いてもうまくいきません。ノコの歯がサビていてもうまくいきません。やがてみんな上達して作業能率が良くなりました。切り落とした枝葉の片づけ、焼却処理など役割分担も自然にできて、和やかな雰囲気です。
しかし何といっても250本。総出で休みなしで働きました。やっと終わったと思うと次の竹が運び込まれ、昼食の号令が出たのは12時半でした。

画像は傘亭の竹竿作り作業場面。本日の昼食はちょっとしたハプニングがありました。本日の当番が決まっていなかったので村木事務局長が責任を取って塩ちゃんこ鍋と付け合わせを作りました。ハプニングとは何を勘違いしたのか、ご飯を1升分しか用意しなかったことです。全員で30人余ですから足りるわけがありません。もう一つのハプニングはミツコさんが大量の「訳アリ蕎麦」を持ち込んでいたことです。
この蕎麦を村木さんがゆでて、なんとか全員に食事がいきわたりました。「蕎麦があって良かったね」「何が幸いするか分からないね」とは下々の話。ちゃんこ鍋はダシが効いて絶妙な味わいでした。後片付けはMYGご夫妻が「いつもご馳走になっているだけじゃ悪いから」と率先して洗い物をしてくれました。
さて最後のハプニングは、本日の昼食費は200円という話があった時、白ご飯を食べられなかった人からブーイング。それで蕎麦だった人は100円に減額されました。じっと我慢ではなく言ってみるもんですね。改善されます。
来月はKRHさんがメインシェフで中華おこわ、中華スープ、サラダの予定です。お昼だけでも食べにくる価値のある里山レストランです。
午後からは来年度に向けて運営委員会が開かれました。委員会はあと何回か必要になることでしょう。来年度に向けてご意見、ご希望をお寄せください。

Posted 09:41
▼2017/1/10(火):新年初仕事はビオトープ(1/8)
画像はビオトープ補修のために積み上げられた木材。新年早々、地元会員が事前に木材を里山に運び込んでサイズを整え、皮をむいて耐水強度を高めていました。
今年の初活動日は1月8日。強力な沿岸低気圧が近づき、いつ雨が降るかわからぬ中、それでも30余名が集まりました。もうたき火がたかれております。杉材が火の中にあり「何?燃しちゃうの?」ときく人が人がいました。勿論、たき火のためにではなく、焼き杭にするために表面を焦がしているのです。防虫効果と耐腐食効果があります。

会長から「地元の自主保育団体『いすみっこ』が1月元旦の地域情報誌の1面に載った。私たちの活動が地域の役に立ち、地域に知られることはうれしいことです。無理せず楽しく安全に活動しましょう」と新年のあいさつがありました。事務局から丸太の皮剥ぎチーム、焼き棒杭のチーム、南側斜面の雑草刈りチームに分かれて作業するとの指示がありました。
作業しやすいようにビオトープの水を抜かねばなりません。排水ポンプを使って用水路に流します。
そんな作業手順、作業準備は地元の会員が担っています。息を呑んで感心しているだけではなく、誰のアイデア?とほめてあげると地元会員は喜ぶと思います。

もしも朝から雨ならば最初から「餅つき新年会」にする予定でしたが、午前中は降られずに済みました。ビオトープの作業は池の原型を維持し、古く腐った擁壁木材を撤去することから始まります。
ユンボなしの人力作業ですから大変です。次に擁壁を維持する焼き棒杭をカケヤで一つずつ打ち込んでいきます。次に皮剥ぎした丸太を擁壁として積み上げるわけですが、午前中の作業はここまでで、センターから「餅ができたから引き上げろ」との指示が来てしまいました。ビオトープ再生作業は来月にも引き続きとなります。

昼食要員として指名された餅つきグループはノロウィルス対策で、餅つきは中止で餅つき機対応になりました。3升対応の巨大餅つき機で扱い方がわかりません。集まったメンバーはみなシロウトです。3升のもち米を蒸し上げるのですが、どのくらい蒸したらよいのでしょうか。後から気づいたのですがもち米を蒸すセイロにも上下があるのですね。無我夢中で何とか「里山初お餅」を仕上げました。

特筆すべきはほぼ完ぺきに自前の餅だということです。主要なもち米、小豆(あんこ)、大豆(黄な粉)はU氏の畑の産物。荏胡麻はW氏、H氏からの差し入れ。大量で苦労がしのばれます。大根・里芋・ネギ・シイタケはF氏の汗の結晶。Kからはひきわり納豆。その他漬物はTさん、大量なキムチは桜牧場主の田辺さん、そして大量の無農薬レモンはOさんの差し入れです。
ノロが大流行しその対策でリアル餅つきは世間では自粛ムード。里山も自粛しましたが、やっぱり寂しい感じがします。元気に餅つきをすることで活気をわかちあえる気がします。

合計8種類の餅が出ました(写真集参照)。餅つき大会では黄な粉とあんこの2種類が普通ですから、里山メンバーのこだわりがすばらしい。
さて、これも後から気づきたのですが、今回の食事代は0円。ありえませんね。
そのからくりは援助公費を流用しているのではなく、毎月徴収している昼食費、だいたい300円の端数を積み立ててあるので今回は0円。しかも毎回、会員諸氏から過分な差し入れがあります。
今回では海苔やなめ茸は購入しましたが、市販品を購入したのはその程度です。自給自足で頑張ろう、それが口には出さぬけど会員のモットーです。でも無料カンパ・差し入れに甘えるのではなく、実費相当分の謝礼は出したいものです。

里山は冬枯れで一面の枯れ野原。でもよく見れば昨年植えたヒガンバナが葉を伸ばしていますから今年はたくさん咲きそうです。ネコヤナギが暖かそうな芽を膨らませていました。ヤブツバキが花を咲かせ始めました。耳をすませばメジロのあいらしいさえずりも聞こえます。
寒さがどん底まで来れば春は近いということでしょう。


Posted 10:44
▼2016/12/13(火):年末の里山ボランティア12/11
画像は桑田3番堰。いつ来てもここは心休ままる場所です。今朝は気温が0℃近くになり、ばっちり着込んで参加しました。風はなく日中は晴れて上着を脱ぎました。
先日、太田市長が里山フィールドを視察して25万円の予算がついたという報告がありました。ビオトープの改修、地下水道(ミズミチ)による陥没の埋め戻し、県道とフィールドの連絡路の一部改修に使われます。税金ですからありがたいことです。またチェーンソー(電動ノコギリ)の始動はヒモをちょっと引けばOKなのに目いっぱい引くから故障し、修理費もバカにならないとして始動実演がありました。

本日の作業は地下水脈、これを地元では絞り水とか水道(ミズミチ)とか言いますが、その地下水脈によって、まるで福岡駅前のように地盤が陥没した場所を修復することがメインになります。画像は駐車場の小さな穴。直径50cm程度。トイレ脇の大きな穴は2m以上あります。杉の木を除伐したために地下水の流れや勢いが変わったための陥没かもしれません。穴に落ちたら危険ですから優先的に修復作業です。
事務局の方で作戦を練り、事前に篠竹や土嚢袋を用意しました。篠竹は適当な量でくくり、暗渠素材とします。土嚢はその篠竹を固定するために使います。皆てきぱきと作業しましたが、自信のない人はギャラリーです。それで文句を言う人はいません。
まず最初の土木作業はユンボ(小型パワーシャベル)で陥没穴を掘り起こします。どこから水が染み出してくるのか確認するためですが、これがかなり難しい。なんだかんだ言いながら2m近く穴を掘り、ついに水口を見つけました。粘土層の上に砂礫層があり、そこから水が目に見える量で流れ出てきます。

さて、この流れる水をどうするか。当初の計画通り、篠竹を束ねて沈め穏やかな水の流れの暗渠として埋め戻すか、それともビオトープに流れ込む水路として積極的に見える化して利用するか。話はまとまらずにペンディング(棚上げ)になり、別の大穴を退治することになりました。
こちらは順調に進んで暗渠とし、埋め戻し、埋め戻し土砂が不足したため、切株となっていた杉の根をユンボで掘り起こして穴埋めに使いました。ユンボの操縦はWTBさんが一手に引き受けて皆の尊敬を集めました。
この日は女性の参加も多く、三々五々集まって楽しくおしゃべりをしています。女性はおしゃべりしながら仲間を作るのがたいへん上手で、手に手に鎌を持ち、連れ立って雑草刈りに励みました。急斜面地も湿地もきれいになったのは女性軍の成果です。

昼食は海鮮BBQ(バーベキュー)と焼きそば。ハマグリに似た千葉県名物ホンビノス貝と鯵の丸干しを炭火で仕上げます。それと具材たっぷりの焼きそばを野外で食べるのは本当においしい。炭火をおこす人も焼き手もなんとなく、じゃあやろうかと自然に決まります。遠慮しないで積極的に要員になってくれる人が多いのもこの会の特徴でしょうか。今日初めて参加のKDさんもホンビノスを皿にとって皆に配っていました。最近参加したYMGさんがカボスをたくさん差し入れ。炭火焼にはカボスが合います。焼酎に合うと言う会員もいました。いつも食べるだけじゃ悪いから今度は作り手になろうかだなんて話している人もいました。でも30人分なんて自信がありません。しかし、やってみれば何とかなるものです。

さて、来月は正月ですから恒例の餅つきです。その前に18日(日)は竹林整備。24・25の土日はセンター大掃除。25日は餅つきの予行練習として昼食が出ます。年末のお忙しい時期ですが、皆で楽しく年末の作業をしましょう。

Posted 21:24
▼2016/11/18(金):11月例会13日の報告 初冬の温かい日に
画像は昼食の芋煮。気温が上がったり寒かったりと不安定な今年の秋も初冬になりました。さすがの雑草たちも勢いがなくなって枯れ果て、早くも新春に向けて地面にべったりと葉を円形に広げている種類もあります。この姿をとると冬の弱い日差しを最大限受け止められる植物の知恵です。

集合時刻前に毎回行われていた駐車場確保の雑草刈りは今月は不要で、かわりにたき火が用意されていました。いつもながら地元会員の配慮です。ちなみに10月現在の会員は、いすみ市が34%、いすみ市以外の千葉県が37%、東京・神奈川・埼玉で27%で、計64人です。地元以外の多くの人々にも支持されている里山と自然を守る活動だということがわかります。今月も一人、事務局長の飲み友達という方が参加されました。あちこちで、里山っていいよ、という会話がなされて会員が増えているのだと思います。

事務局長から、いつも草刈りじゃつまらないという声が寄せられています。あんなことやりたい、こんなことをしたらという提案をお寄せ下さいという話がありました。また、今月の作業は倒木等の焼却とビオトープ回りの安全確保。アンズ林下や車道脇など荒れ地とは見られぬように、こぎれいに整美する。できるだけまとまって行動してくださいと指示がありました。
30人を越す参加者がありましたが、広いフィールドに分散すると誰が何をやっているかわかりません。今回はまとまってとの指示なので、あれこれおしゃべりしながらの作業で、仲間意識もわきます。名前を覚え、人柄にも接せられ、おまけに里山がきれいになります。
無給のボランティア活動ですが、豊かな自然に出会え、きれいな空気が吸え、作業で腰を伸ばし、笑い合って健康になるという利得があります。田舎に越してきたけど知り合いがいない――という人が地元に溶け込む出会いの場であり、農作業や暮らし方の情報交換・物々交換、困りごと相談所の雰囲気もあります。

さて、どちらかというと今月は軽作業だったので早めにセンターに戻って昼食です。その際、あれ!?  ASNさんの車があるけどASNさんも引き上げたのかなという話がありました。実はAさんは里山の奥で倒木処理たき火の始末を一人で行っており、「先に行ってて」という話が通じており、後で無事に合流できました。互いに声を掛け合い、所在をはっきりさせておくことがフィールドでは大切だと再確認されました。

今月の昼食「芋煮」のシェフはTさんで、自宅の菜園から里芋・大根など野菜をたくさん持ち込みました。おまけに落花生の塩ゆでと野菜サラダも差し入れです。Fさんからも野菜の差し入れ。ハヤトウリの漬物はIさん。Iさんは生のハヤトウリを多数持ち込み、大きな柚子を多数持ち込んだのはSさん。柚子ゼリーというしゃれたデザートはAKGさん。
赤穂坂越湾の新鮮な牡蠣を大量に差し入れてくれたのは関西のニコニコさん。小粒ですが中身は大きく、何よりも芳醇な甘さです。その牡蠣にぴったりあうスダチの差し入れはUさん。牡蠣の焼き手はいつものMさん、Fさんに加えて新手のODKさん。
超豪華な昼飯代は締めて200円。差し入れと手作りのなせる業です。見学に来ていた「さくら牧場」の大多喜の田辺さんがすごいですねぇ、おいしいですねぇと驚いていました。田辺さんからはビールの差し入れもありました。

今月は女性の参加が13名で、1/3の勢力になりました。女性目線の活動が広がることを期待しています。合わせて炊事・片付けは女性という20世紀型の性的役割分担は崩れつつあります。それではとW氏とAMN氏が片付けに駆けつけたのですが、すでに片付け始めていた女性陣に「12月に片付けてね」と軽く言われて追い返されました。

12月の昼食は「海鮮焼きそば」、正月は餅つきの予定です。ご期待ください。
午後からは二カ所の竹林整備と野草見学会。なお、27日(日)は竹林整備の日です。

活動日翌日の14日(月)、太田市長が里山に予算措置をとるかどうかの下見がありました。会長と副会長が主に対応しました。桑田里山をいすみ市の資産として活用したいとの話で、細かい事務折衝はU副会長が対応する予定です。
 

Posted 10:42