テコンドーって何?
テコンドーは朝鮮半島・中国の武術や日本の空手などの要素を取り入れて作られた脚技を主体とした韓国生まれの武道・武術です。

 
日本ではまだ柔道や空手ほど普及していませんが、世界的にはかなり広まっておりオリンピック種目(WTF)の一つとなっています。
2020年の東京オリンピックでも競技開催が予定されています。

 
世界中の多くの人たちに、武道として、スポーツとして、護身やフィットネスとして、等など様々な目的で楽しまれ、愛されています。
 


WTFって何?
現在、テコンドーはいくつかの団体に分かれており、団体により練習や試合形式が異なります。逗子WTFテコンドークラブはオリンピックで採用されたWTF(世界テコンドー連盟)に所属しています。

WTFではオリンピックスポーツとなるため、より安全性の高い防具を採用。頭、胸、脛、腕、金的等に防具を付け競技試合を行います。


近年では決められた動作を正確に演武するプムセ(型)の試合も盛んになりつつあり、世界大会も行われています。

プムセは年齢を問わず修練が可能で、競技試合だけでは学ぶことのできない様々な技術も含んでいます。

黒帯になるまでに少なくとも10のプムセを学びます。


スポンサード リンク